GitHubのアカウント作成手順

GitHubのアカウント作成手順 外部サービス(プログラミング)

GitHubはGitリポジトリをホスティングできるWebサービスです。今の時代、プログラミングを学ぶのであれば避けては通れないと思います。

今回はGitHubのアカウント作成手順を紹介します。

スポンサーリンク

GitHubのアカウント作成手順

以下のURLにアクセスします。

Build software better, together
GitHub is where people build software. More than 40 million people use GitHub to discover, fork, and contribute to over 100 million projects.

ユーザー名、Eメールアドレス、パスワードを入力して「Sign up for GitHub」をクリックします。

Github サインアップ

他の人が利用しているユーザー名は使用できません。 また、同じEメールアドレスで複数アカウント登録することもできません。

BOTによる登録を防ぐため、簡単なパズルを解く必要があります。検証開始をクリックしてパズルを解きます。

GitHub アカウント登録画面

本記事執筆時点では、動物の画像を正しい角度に変更するパズルでした。

続いてPlanの設定です。Planは登録後も変更できるので、はじめはFreeプランで登録し、必要に応じてProプランに変更するのがいいかと思います。

デフォルトでFreeプランが選択されているのでContinueをクリックします。

GitHub プランの選択

続いて簡単なアンケートがあります。回答したくなければskip this stepをクリックすればスキップできます。skipしたからといって機能制限がかかるなどないのでご安心ください。

GitHub アンケート

完了後、すぐに利用できそうな画面になりますが、Eメールアドレスの確認が必要です。GitHubから以下内容のメールが届いていると思うので「Verify email address」をクリックしてください。

GitHub Eメール認証

GitHubのページに飛び、「Your email was verified.」と表示されれば準備完了です。

GitHub Eメール認証完了

ほぼ同時に登録完了のメールが届くかと思います。

GitHub 登録完了

これでGitHubを利用する準備が整いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました